NetCommons ソースの入手/配置


  1. root でログインします。


  2. NetCommons 公式サイトより、最新版のコアパッケージをダウンロードします。
    http://www.netcommons.org/


  3. 端末(ターミナル)を起動します。




  4. ダウンロード先のディレクトリへ移動します(以下は Desktop にダウンロードした場合)。
    # cd /root/Desktop/




  5. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    # tar zxf ./NetCommons-2.3.0.0.tar.gz




  6. 解凍したファイルの中身を、ドキュメントルート下に配置します。
    # cp -pR ./NetCommons-2.3.0.0/html/* /var/www/html/




  7. 配置したすべてのディレクトリ、ファイルの所有者・グループを apache に変更します。
    # chown -R apache.apache /var/www/html/*



NetCommons インストール手順

  1. ブラウザで自身のマシンのURL(IPアドレス)にアクセスします。
    例)
    http://localhost または 各マシンのIPアドレス(今回の例では http://192.168.1.70)
    ※IPアドレスは環境によって異なります。


  2. インストール画面が表示されます。
     [Japanese] を選択して、 [次へ] を押します。




  3. イントロダクションが表示されます。 [次へ] を押します。




    サイトの情報を入力して、 [次へ] を押します。
    • サイト名称:任意
    • データベースサーバ:mysql
    • データベースサーバのホスト名:localhost
    • データベースユーザ名:root
    • データベースパスワード:MySQL のアカウントのパスワード
    • データベース名:使用するデータベース名(現時点で未作成でも可)
    • テーブル接頭語:任意
    • データベースへ持続的接続:いいえ
    • NetCommonsへのURL:デフォルトのまま




  4. 入力した内容に誤りがないか確認して、 [次へ] を押します。




  5. アクセス権のチェックが行われます。 [次へ] を押します。




  6. パス・URLのチェックが行われます。 [次へ] を押します。




    データベースが存在しない場合は、以下のような画面が表示されます。
     [次へ] を押します。




    データベースが作成されます。 [次へ] を押します。




  7. データベースのチェックが行われます。 [次へ] を押します。




  8.  [次へ] を押します。




  9. テーブルが作成されます。 [次へ] を押します。




  10. サイト管理者の情報を入力して、 [次へ] を押します。




  11. 各種データが生成されます。 [次へ] を押します。




  12. モジュールがインストールされます。 [次へ] を押します。




  13. インストールが完了します。 [ここ] リンクを押します。




  14. トップページが表示されます。 [ログイン] リンクを押します。




  15. ログインIDとパスワードを入力して、 [ログイン] を押します。




  16. ログイン後、各種設定やファイルのアップロード等を行うことが出来ます。




    以上で NetCommons のインストールは終了です。