VMware Player のインストール

  1. 下記URLより、 [VMware Player] をダウンロードします。
    ※ダウンロードするには、アカウント登録(無料)が必要です。
    http://www.vmware.com/download/player/



  2. ダウンロードしたインストーラを実行します。

     


  3. セットアップ画面が表示されるので、 [次へ(N)] を押します。




  4.  [次へ(N)] を押します。




  5.  [次へ(N)] を押します。
    ※VMware Player の自動更新確認が不要の場合は、 [起動時に製品の更新を確認する(P)] のチェックを外してください。




  6.  [次へ(N)] を押します。
    ※フィードバック送信が不要の場合は、 [VMware Player の改善に協力する(H)] のチェックを外してください。




  7. 作成したいショートカットにチェックを入れて、 [次へ(N)] を押します。




  8.  [続行(C)] を押します。






  9.  [今すぐ再起動(N)] を押すと、お使いのパソコンが再起動して、インストール完了です。




仮想マシンの作成

  1. VMware Player を起動します。




    初回起動時のみ [使用許諾契約] 画面が表示されます。
     [使用許諾契約の条項に同意します(A)] を選択して、 [OK] を押します。




  2. 下記のいずれかの操作を行います。

    •  [新規仮想マシンの作成(N)] を押します。




    •  [ファイル(F)] → [新規仮想マシンの作成(C)] を押します。




  3.  [後で OS をインストール(S)] を選択して、 [次へ(N)] を押します。




  4.  [ゲスト OS] と [バージョン(V)] を選択して、[次へ(N)] を押します。
    ※下図は、 CentOS をインストールする場合の設定例です。




  5.  [仮想マシン名(V)] に任意の名前を入力して、 [次へ(V)] を押します。
    ※ [格納場所(L)] はデフォルトのまま変更しません。




  6.  [ディスク最大サイズ(S)] の値を指定して、 [次へ(N)] を押します。




  7.  [完了] を押します。




  8. 仮想マシンが作成されます。



仮想マシンの設定(ディスク)

  1. 下記のいずれかの操作を行います。

    •  [仮想マシン設定の編集(D)] を押します。




    •  [仮想マシン(V)] → [仮想マシンの設定...(S)] を押します。




  2.  [CD/DVD(IDE)] → [ISO イメージファイルを使用する(M)] → [参照(B)] を押します。




  3. インストールを行う OS のディスクイメージファイルを選択して、 [開く(O)] を押します。




  4.  [OK] を押します。




仮想マシンの設定(ネットワーク)

  1. 下記のいずれかの操作を行います。

    •  [仮想マシン設定の編集(D)] を押します。




    •  [仮想マシン(V)] → [仮想マシンの設定...(S)] を押します。




  2.  [ネットワークアダプタ] → [ブリッジ:物理ネットワークに直接接続(B)] を選択して、 [OK] を押します。
    ※ [ブリッジ] を選択することで、ホストマシンと同一のネットワークに参加できるようになります。



仮想マシンの起動

  1. 起動する仮想マシンを選択して、下記のいずれかの操作を行います。

    •  [仮想マシンの再生(L)] を押します。




    •  [ファイル(F)] → [仮想マシンを開く(O)・・・] を押します。




     [VMware Tools] に関してのソフトウェアの更新ダイアログが表示された場合は、ここでは [後で通知する(R)] を押します。




    ディスクの設定を行わずに起動した場合は、以下のような画面が表示されるので、 [CD/DVD の設定を変更] を押します。




     [ISO イメージ ファイルを使用する(M):] にチェックを入れて、 [参照(B)...] を押します。




    イメージファイルを選択し、 [開く(O)] を押します。




    [OK] を押します。




     [仮想マシンを再起動] を押します。


     

    仮想マシンが起動するので、画面の指示に従ってインストールを行います。




仮想マシンのインストール

    複数のディスクイメージを使用している場合は、インストールの途中でディスクイメージの切り替えを行う必要があります。
     [仮想マシン(V)] → [取外し可能デバイス(D)] → [CD/DVD(IDE)] → [設定(S)・・・] を押します。




     [CD/DVD(IDE)] → [ISO イメージ ファイルを使用する(M):] → [参照(B)...] を押します。




    次に読み込ませたいディスクイメージを選択して、 [選択(S)] を押します。




     [デバイスのステータス] の [接続済み(C)] にチェックを入れて、 [OK] を押します。




    処理が再開されるので、画面の指示に従ってインストールを行います。

VMware Tools のインストール

VMware Tools は、VMware Player をより便利に使用するためのツールです。
インストールすることで、マウス統合やフォルダ共有、ファイルのドラッグ&ドロップなどが行えるようになります。
NetCommons をインストールする上で必須ではありませんが、VMware Tools をインストールしておくことを推奨します。

  1. 仮想マシンを起動します。




  2.  [仮想マシンの設定...(S)] → [VMware Tools のインストール(T)・・・] を押します。




  3.  [ダウンロードしてインストール(D)] を押します。






  4. 仮想マシンのデスクトップ上に [VMware Tools] と表示されることを確認します。
    ※表示されない場合は、仮想マシンを再起動してから手順2を再度行ってください。




  5.  [端末(ターミナル)] を起動します。




  6. 以下のコマンドを入力し、 [Enter] キーを押します。
    # tar zxvf /media/VMware\ Tools/VMwareTools-8.4.2-261024.tar.gz
    ※ [8.4.2-261024] の部分は、インストールされている VMware のバージョンによって異なります。




    以下のコマンドを入力し、 [Enter] キーを押します。
    ※root 権限で実行してください。
    # ./vmware-tools-distrib/vmware-install.pl




    途中で質問が表示されたら、 [Enter] キーを押します。




    解像度の質問(下図)には、お使いのモニタのサイズ等に応じて任意の値を入力し、 [Enter] キーを押します。




    インストール終了後、仮想マシンの再起動後、ホストOS・ゲストOS間でのマウスの行き来が可能になります。

  7. 以上で設定は終了です。