Now Loading...

岡持 奈々子|人と仕事|株式会社ウィズ・ワン 採用・求人情報サイト

「iOS開発なら岡持さんに」そう信頼される、技術特化の存在を目指して。「iOS開発なら岡持さんに」そう信頼される、技術特化の存在を目指して。
2011年 新卒入社 / 東洋大学卒2011年 新卒入社 / 東洋大学卒 岡持 奈々子岡持 奈々子

学生時代からパソコンが好きで、プログラミング未経験ながら「イチから勉強してエンジニアを目指したい」とウィズ・ワンに入社。
大手通信キャリアやテレビ関連のJava開発プロジェクトなどに携わった後、iOSアプリの開発プロジェクトに着手。
積極的に最新技術を習得し、ウィズ・ワンきってのiOS開発の第一人者として活躍中。

岡持 奈々子

プログラミングへの興味はHP作りがきっかけ。

まずは、岡持さんがIT業界やエンジニアに興味を持ったきっかけを教えてください。 中学生の頃、友人の間でHPを作るのが流行ったんですね。
そこで、私も自分のHPを作ってみたらとても楽しくて。パソコンを使って絵を描いてみたり、それを色々なレイアウトでアップしたり、「こんなことも出来るんだ」って毎日新鮮な驚きがありました。

HP作りが、エンジニアへの入り口に繋がったのですね。 はい、当時からデザインよりもサイトの中身というか、仕組みを作ることに興味が向いていましたね。高校・大学を経て就活に取り組む頃も、「パソコンでモノづくりをする仕事が出来たらな」と考えていました。その反面、独学で専門的な勉強をすることにはハードルを感じていたので、研修環境が整っている会社があればなと。

研修を重視して出会ったのが、ウィズ・ワンだった? そうです。色々な企業をリサーチする中で、ウィズ・ワンは「2カ月間の新人研修で、開発スキルを基礎から学べる」と知り、しっかり勉強できそうだと思いました。
それに説明会で女性エンジニアが活躍出来る環境を整えているというお話も聞き、ここでなら私も……と思えたのです。

岡持 奈々子

研修で、実践の場で「楽しい」が成長の原動力に。

実際、新人研修はいかがでしたか? すごく楽しかったです。簡単なHP制作の経験はあっても、Javaの開発スキルなどは全く知らなかったので、知識を吸収するのはもちろん大変でした。
それでも、自分が書いたコードが思い通りに作動すると本当に面白い。実務についてからも、私の場合はいつも「楽しい」が新しい技術習得の原動力になっています。

研修期間が終了した後は、すぐに開発現場に入られたのですか? いえ、初めに配属されたのは、開発ではなく、システムに不具合が無いかテストを行う現場でした。
その現場は数ヶ月だけでしたが、簡単な作業を行いながら、お客様先の雰囲気や仕事の流れを経験できたのはプラスでした。その後、今度はある大手通信キャリアのシステム開発チームに参画することになり、ようやく実践デビューという形ですね。

一歩ずつエンジニアへの道を進んだのですね。 そうですね、ただ初めての開発プロジェクトは、最新のフレームワークを使用するなど、技術レベルの高さに四苦八苦していました。
それでも私を含めて4名のウィズ・ワンチームで現場に入っていたので、分からないことは全て先輩方に教わって、「難しい」と「できた!やった!」を繰り返して成長していきました。

壁を乗り越える楽しさが、成長に繋がったと。 はい。それに上司や先輩方の存在が本当に大きいです。
その後に参画したプロジェクトでは、「Java開発なら○○さん」と社内でも一目置かれている先輩とご一緒する機会がありました。実際、その技術の幅広さや知見の深さに驚くことも多く、仲間からの信頼の厚さも納得できました。
その出会いから、私も何か一つ強みになる技術を磨こう、「この開発なら岡持さんに」と指名されるような存在を目指そうと強く思ったんです。

岡持 奈々子

経験を重ねて見つけた私だけの得意分野。

岡持さんが特に力を入れて磨いている技術とは何でしょうか? iPhoneアプリの開発スキルです。元々興味があって、入社2年目くらいからはプライベートな時間に独学で勉強をしていて。アプリを自作したこともあります。
そんな中、災害関連のシステム開発の一環で、防災マップのiPhoneアプリを開発するプロジェクトがスタートすることになりまして。私が勉強していたことを知っていた上司から、「岡持さん、興味があればやってみない?」と声をかけていただけたのです。

そのアプリ開発も、やはり上司や先輩のフォローを受けながら? このプロジェクトは、私ともう1人のエンジニアが中心になって任せてもらいました。iOS関連の開発は、ウィズ・ワンとしてもノウハウを蓄積している最中なので、技術的に分からないことは手分けして調べて、一つひとつ課題をクリアしていきました。

文字通り手探りで開発を進めたわけですね。 3カ月ごとに新機能をリリースするようなスケジュールで、しかもiOSはバージョンアップも早いので、技術面の追求は本当に大変です。ですから、デベロッパー向けのカンファレンスや、外部の勉強会などにも積極的に参加して、常に最新情報を収集するようにしています。

会社の先頭に立って、iOSの技術を磨いているのですね。 ネットではまだマイナーな新技術でも、勉強会に行くと、開発の最前線ではすでに活用され始めているというケースも少なくありません。
社内で上司や同僚から、「ここの仕様なんだけど」と相談を受けることも多いので、新しい技術はちゃんと残さず吸収して、皆さんの役に立てたらと思っています。

岡持 奈々子

目標は、女性エンジニアに刺激を与える存在になること。

今や、「iOS開発なら岡持さんに」と頼られる存在なのですね。 まだまだ勉強中ですが、一つの技術に特化することを目標にしてきたので、頼っていただけるのはすごく嬉しいです。
それに、2016年には主任に昇格させていただいて、性別に関係なく頑張りや成果を評価していただけることにも、やりがいを感じています。

今後、岡持さんが目指すキャリアを伺えますか? ウィズ・ワンには、ワーキングマザーの女性エンジニアもいて、結婚・出産を経ても第一線で活躍出来る環境があるなと感じています。
実は私もつい先日結婚したばかりなのですが、技術を磨き続けてエンジニアとして活躍しながら、人生を充実していくのが目標です。

お手本になる女性エンジニアが身近にいるのですね。 先ほどお話しした、Java開発のスペシャリストの方も、実は女性エンジニアなんです。
今は別々のプロジェクトですが、女子会などのイベントでお話しする機会は度々あります。その先輩から受けた影響は本当に大きいので、これからは私自身が、後輩たちにプログラミングの楽しさや技術を磨く価値を伝えていけたらと思っています。

PRIVATE STYLE- 休日の過ごし方 -

休日の過ごし方 休日の過ごし方

本やブログを読んだりして、家で過ごしていることがほとんどです。
私も旦那さんもゲームやアニメが好きなので、一緒にアニメを観たり、ゲームで遊んだりしていることも多いです。

OTHER INTERVIEWS- さらにインタビューをみる -