代表挨拶

代表挨拶

「和」を大切にし、急激な社会の変化に柔軟に対応できる企業でありたい。

株式会社ウィズ・ワンは2000年の創立以来、システム開発のプロフェッショナルとして歩んでまいりました。
ここまで無事に社業を続けてこられたのも、お客様とビジネスパートナーの皆様のおかげ、と心より感謝しております。

 

振り返ってみると、弊社が創立したときには考えられなかった変化が世の中には起こっています。
ネットショッピングは、パソコンからスマートフォンになり、スマートフォンがなくても買い物ができるようになってきました。
人間でなければ不可能だった知的作業や経験に基づくプロフェッショナルな仕事などが、人工知能に取って代わられる可能性が大きくなってきました。
弊社の主業務であるシステム開発にも変化は現れています。
クライアントから要望されるシステム、開発手法、求められる人材像が変わってきております。

 

過去の経験が将来にそのまま通用しなくなってきました。
一方で、不透明な未来への対応にスピードが必要となってきました。

 

ウィズ・ワンが創立以来、大切にしてきた言葉のひとつに「和」があります。
個人の能力がどんなに高くても、バラバラであっては力を十分に発揮できません。逆にひとりの力が小さくても、まとまれば大きな効果をあげることができます。しかし、あまりにまとまりすぎていると、方向転換が必要なときに多くの労力と時間が必要となります。

 

単なる「一丸となる」とは異なって、「和」には柔軟なつながりをニュアンスに含んでいます。そのような柔軟なつながりこそが、不透明な未来をワクワクする未来に変える鍵になると信じています。

 

ワクワクする未来を、お客様とビジネスパートナーの皆様とともに共有したい、私たちウィズ・ワンはそのように望んでいます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

株式会社ウィズ・ワン
代表取締役社長
株式会社ウィズ・ワン 代表取締役社長